ITスキルを身につけ企業の発展を実現

今、就職用にIT関連の資格を取得したり、スキルアップの為の勉強をしようとしている人が一番多くなっています。長く続く不況でどこも人を雇う余裕さえないという会社も多く、元気のない経済となっている中で、それでも元気なのがIT産業と独自の技術を活かした製品を作っている中小企業ではないでしょうか。

企業も人を雇いたいが予算がなく、雇うとしても1名が2名がやっと。雇うにあたり会社の仕事の効率化を図る仕事をしてもらい、次の事業計画を作成できるような実践力のある人材が欲しいと思っています。

そのためには就職活動をする側も雇う側も、活気ある企業であろうとするため、現在いる社員・従業員を含めた会社全体で将来を見据えた事業計画を練り、実現していくための勉強をしていこうと頑張る企業もあります。

その中で会社全体の向上を図るためには、会社役員を含めた従業員のスキルアップをはからなければならず、会社全体でセミナーに参加する企業や講師を招いてのセミナーを開催している会社もあります。

参加型のセミナーでも講師より話し教えてもらうこともあります。
また、特定のテーマを与えられグループで協力して一つのプログラムを作成するようなセミナーが今は多いです。
そこから得たものを会社に持ち帰り全体で話し合ったり、部署に分かれて部署単位で問題定義をし話し合うことにより、今自分達の会社には何が必要でそれはどうすれば埋めることができるのかを話し合い、実行していくような勉強の仕方をしています。

従業員各自が自分の仕事を認識し、自信をもって仕事が楽しくできるようになることが会社の向上にもつながっていくと考えられています。

このようにITのスキルを身につけて、IT企業でキャリアアップしたり独立をして在宅で仕事したりするのも良いと思います。

Leave a Comment